2008年10月28日

東京より「江戸」を歩きたい

「東京」より「江戸」を知りたい、と最近思う。

なぜか時代小説に凝っているのだ。まだフジテレビで池波正太郎の鬼平犯科帳をやっていた時は(こないだスペシャルで単発2時間ドラマをやっていたけど)、一気に全巻読んだけど、しばらく池波正太郎以外は読んでいなかった。

最近のきっかけはやっぱりテレビの「居眠り磐音」。「平成の大ベストセラー」と言われるだけあって読後感がいい。

ただサーッと一気に読めちゃうので、現時点での最新刊である27巻まですぐ読み終わってしまった。

でも時代劇熱は下がらず、次は藤沢周平に。

そんな感じで「江戸」を歩きたい。本所、深川、内藤新宿、品川祝、そして浅草、吉原。「江戸」を感じ取れる町を歩いてみたい。

M
posted by toto at 05:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。